アコムで総量規制以上の借入をするには?

▼人気カードローンランキング
  おすすめ順 金利 限度額
アイフル 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
楽天銀行スーパーローン 1.9%〜14.5% 最大800万円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン 年0.99%〜14.79% 最高1200万円

アコムで総量規制以上の借入をする方法

 

アコムは消費者金融業者でも利用者数や新規契約者の多い業者として知られています。借りやすく、親切な業者という評価が定着しています。

 

消費者金融業なので総量規制以上の借入はできませんが、一部に例外的な貸付制度も提供しています。

 

アコムのローン商品と総量規制

アコムの商品

アコムといえばテレビCMでもお馴染みですし、電車の車内広告も頻繁に見かけるため、消費者金融業者の代表格として認知されており、「初めて消費者金融を利用する人」が第一に選ぶ業者として定着しています。

 

カードローンばかりに注目が集まりがちですが、実際に取り扱いのある商品は4つあります。

 

カードローン

アコムの主力商品で、無担保・無保証人で個人向けに融資するローンです。カードさえあれば、限度額の範囲内でいつでもいくらでも借入できるローンです。いったん審査に通過できれば、その後は何度も借りることが可能です。

 

アコムACマスターカード

アコムが国際決済ブランドであるマスターと提携して発行しているクレジットカードです。通常のクレジットカードは審査に数日かかり、発行までに1週間ほど必要ですが、このカードは審査は最短で30分、発行は最短で即日というカードです。

 

キャッシング機能も付帯しているため、ここからお金を借りることも可能です。

 

ビジネスサポートカードローン

アコムが主に個人事業主向けに発行しているカードローンです。法人での申し込みは不可で、個人事業主でも社員を1人でも雇っている場合には利用できません。

 

借換専用ローン

アコムを含む複数の業者のローンを一本化するためのローンです。複数からの借入では返済日が毎月何度も来てしまうため、管理に手間取ります。それを1つにまとめて返済の負担を軽減します。

 

総量規制対象外の商品とは

アコムの4つの商品のうち、カードローンとクレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象となります。

 

この2つは貸金業法で定められた個人向け融資であり、多重債務を抑制するための法律である総量規制で規制されており、年収の3分の1以上の貸し出しはできません

 

それ以外の2つは総量規制の対象外のローンで、もし個人消費者として年収の3分の1の借入があったとしても、それ以上に借りることができます。

 

ビジネスサポートカードローン

個人事業主の資金繰りを助けることが目的です。個人消費者としてではなく、事業者としての借入ですので、総量規制以上に借りられます。資金使途が自由という点も注目できます。通常のビジネスローンでは事業性のない資金に使うことは禁止されています。

 

個人事業主はプライベートと仕事の仕分けが明確ではありませんが、それでも事業性のある資金として借り入れしなければなりません。一方、アコムのビジネスサポートは生活費として借入することも可能です。

 

借換専用ローン

借換専用のローンは多くの銀行や消費者金融業者で導入されているもので、多重債務者をサポートして生活を再建してもらうための例外貸付です。

 

そのため、総量規制以上に借りることができます。様々な制約はあるものの、「これ以上は借りられない」「返済に困って生活が圧迫されている」というときに利用できるローンです。

 

そもそも総量規制になる借入とは?

総量規制は、個人の借金が膨らみ過ぎないように抑制するための法律です。

 

貸付には

  1. 法人向け貸付
  2. 法人向け保証付き貸付
  3. 個人向け貸付
  4. 個人向け保証付き貸付

の4つがあります。

 

総量規制は個人向けの無担保・無保証人の貸付にのみ適用されます。総量規制を規定した貸金業法には、この他1社につき50万円以上の借入を申し込む場合や複数業者からの借入の総額が100万円を超えるときには収入証明書を提出することも義務付けています。

 

総量規制は貸金業法によって定められている規制ですので、貸金業者のみが対象となります。アコムやアイフル、プロミスといった消費者金融業者と、クレディセゾンやオリコなどの信販会社が提供するローン、ジャックスやニコスカードなどのクレジットカードのキャッシング枠が対象です。

 

総量規制は、消費者金融業者からの借りすぎによって自己破産する人が増えたことを受けて改正された貸金業法によって定められたものです。改正される以前は、利息も「出資法」に基づいた金利を適用しており、現在とは比較にならないほど高金利でした。

 

そのため、消費者金融業者のカードローンを利用したために生活が破綻する人が数多く出てきて社会問題化していたという経緯があります。

 

こういった生活破綻者を増やさないことを目的として改正された法律によって定められているのが総量規制です。近年では銀行も総量規制を遵守するようになっていますが、これはあくまで業界の自主規制に過ぎず、総量規制の対象ではありません。

 

総量規制対象外の代表的貸付

クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の適用を受けますが、ショッピング枠は割賦販売法という別の法律が適用されるため、総量規制による制限は受けません

 

テレビショッピングなどで家電や家具などを購入するときに「分割手数料」の話は必ず持ち出されますが、そこで適用される法律が割賦販売法です。

 

クレカのショッピング枠は、これと同じ扱いになります。そのため、消費者金融業者に申し込む際にもクレジットカードのショッピング枠でどの程度借りているのかを申告しない場合があります。

 

また、銀行のカードローンも総量規制の対象外です。消費者金融業者に適用される法律は貸金業法ですが、銀行に適用されるのは銀行法で、そもそも貸し出しをするときの法律が違うからです。

 

近年では、銀行も総量規制と同様の自主規制を行っていますが、これは金融庁からの指導があったからです。本来的には総量規制を守る必要はありません。

 

銀行が貸金業法の適用を受けないことは、たとえば収入証明書の提出が求められる利用限度額の違いにも現れています。

 

消費者金融業者では、貸金業法の規定により、1社につき50万円以上・複数社の合計で100万円以上の借入で収入証明書を提出しなければなりませんが、銀行のカードローンでは300万円以下の限度額申し込みでは収入証明書の提出の義務がないところも多くあります。

 

アコムの借換専用ローンは総量規制以上を借入可能

利用限度額 1万円〜300万円
金利(年率) 7.7%〜18.0%
遅延損害金 年率20.0%
返済期間 最長162回(13年7ヶ月)
申込条件
  • 20歳以上
  • 安定した収入と返済能力を有する人
  • アコムの基準を満たすこと
資金使途 貸金業者債務の借換
担保・保証人 不要
返済方式 元利定額返済方式

 

申し込み条件には「安定した収入があること」とされており、正社員だけでなく契約社員や派遣社員、パートやアルバイトなどの非正規雇用の人でも利用することができます。

 

金利は高めに設定されていますが、こういった「おまとめローン」では利用者が借りているローンを平均化して、それよりも低い金利を設定することになっていますので心配する必要はありません。

 

返済方式は元利均等返済です。これは元金と利息を足した返済額が毎月一定になる返済の仕方です。

 

返済計画が立てやすいですが、当初は元金に充当する額が小さいので返済期間が長くなりがちで、元金を均等にして返済する元金均等返済よりも総返済額が多くなるというデメリットがあります。

 

実質年率を18.0%として10万円を借入して30日ごとに1万円を返済したときのシミュレーション
回数 返済金 元金 利息
1 1万円 8,521円 1,479円
2 1万円 8,647円 1,353円
3 1万円 8,775円 1,225円
4 1万円 8,905円 1,095円
最終回(11回目) 9,018円 8,887円 131円

 

総量規制の例外貸付にあたる

アコムの借換専用ローンを利用すると、総量規制以上に借りることが可能です。このローンが総量規制における例外貸付にあたるからです。総量規制では、貸金業者は「利用者の年収の3分の1以上の貸付はしてはならない」と定めれています。

 

ここで言う貸金業者は、消費者金融・クレジットカードのキャッシング枠・信販会社のキャッシングの3つを指しており、銀行のカードローンは含みません。総量規制は、消費者金融業者による貸しすぎによって利用者の生活を圧迫しないように抑制することが目的です。

 

その限界が年収の3分の1です。年収が300万円の人は100万円までしか借りることができません。ところが、なかには複数社から借入して「返しては借りる」「借りたお金で返済する」といった状態に陥ってしまうことがあります。

 

そうした多重債務の状態に陥った人への救済策として設けられているのが例外貸付です。アコムの借換専用ローンは、この例外貸付にあたるローンです。そのため、年収の3分の1を超えても融資を受けられます。

 

ただし、借換の対象となるのは「貸金業者またはみなし貸金業者」からの借入に限られる点に注意しましょう。銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠、リボ払いによる債務などは対象外です。みなし貸金業者は、すでに貸金業を廃業して債権の回収だけを業務としている会社です。

 

申し込み方法

アコムの借換専用ローンと通常のカードローンの申し込み方法とは異なります。アコムは無人契約機を全国各地に設置しており、そこで新規契約を結ぶことが可能ですが、借換専用ローンではフリーコールでのみ受け付けしています。

 

フリーコールに連絡して「借換専用ローンを利用したい」という希望を伝えると、担当者が簡単な確認と商品の説明をします。その後、アコムの実店舗か無人契約機に来店して申し込みと契約をします。郵送でも申し込みや契約をすることが可能ですが、これには時間がかかります。

 

申し込みから借入までは以下のようになります。
  1. フリーコールで借換専用ローンに申し込む。
  2. 実店舗の窓口か自動契約機に行って必要書類を提出する。
  3. 審査実施→審査結果通知。
  4. 審査に通過したら契約する。
  5. 申込者が借入していた業者にアコムが契約者の名義で完済する。
  6. アコムに返済を開始。

 

通常のローンと異なるのは、必ず電話連絡によって申し込みをするという点と、アコムが他社への返済を代行するという点です。電話連絡をすると、担当者が申し込みに必要な書類や借換専用ローンの商品の説明や案内をしますので、聞きながら必ずメモを取るようにしましょう。

 

普通のカードローンは性質の異なるものですので、分からないことは質問しながらメモします。紙とペンを準備してから電話しましょう。

 

電話連絡の後に店頭か無人契約機で必要書類を提出します。書類を確認した時点で審査が開始されます。それまでは仮審査の状態で、本審査ではありません。

 

他社への返済もアコムが代行し、申込者が現金を手にすることはありません。アコムが確実に完済したことを確認して、初めて利用開始となります。その後は返済する一方となり、新たな借入はできません。

 

必要書類

アコムの借換専用ローンの申し込みで必要な書類は以下の通りです。

 

本人確認書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証

の3つのうちいずれか1つです。

 

顔写真がない書類や、書類と現住所が異なっている場合には、住民票・公共料金の領収書・納税証明書のいずれかを併せて提出する必要があります。

 

通常のカードローンの申し込みよりも厳格になるので注意しましょう。借換専用ローンは総量規制以上に借りることができるのものですので、その分本人確認にも慎重になります。

 

収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税類通知書(課税証明書など)
  • 所得証明書
  • 給与明細書

 

いずれも最新のものを1点提出します。店頭または無人契約機に行って提出します。無人契約機には書類アップロード用の読み取り機があるので、そこで提出します。

 

【営業時間】
店頭:平日午前9時30分〜午後6時
無人契約機:毎日午前8時〜午後10時

 

一部の店舗によっては営業時間が異なるので事前に確認しましょう。また、無人契約機は午後10時まで書類提出が可能ですが、審査は午後9時までです。遅い時間に行くと審査は翌日以降となるので注意しましょう。

 

引落口座

通常のアコムの返済は自社の専用ATMや提携ATMなどから可能ですが、借換専用ローンは原則的に銀行の口座振替だけに限られます。そのため、申し込みでは引落口座が分かるものを提出します。

 

預金通帳と届出印が必要です。申し込みした本人が自分で返済をしたいときには、アコムの担当者に相談してみましょう。精算書類や解約証明書などを提出することを条件に許可されることもあります。

 

メリットとデメリット

メリット
総量規制以上借入できる

アコムのカードローンは貸金業法の総量規制によって、年収の3分の1以上は借りることができません。借換専用ローンは総量規制の例外貸付として総量規制以上に借りることが可能です。

 

カードローン利用者が多重債務で返済不能となって生活苦に陥ることのないように作られたルールです。利用者が一方的に利益となる貸付として規定された例外となります。

 

複数社からの借入をアコムにまとまることで返済の負担が軽減されるので、利用者には利益にしかなりません。そのため、総量規制の対象外となっています。

 

毎月の返済額が一定になる

アコムやプロミスなどの消費者金融や銀行のカードローンの大半は毎月の返済額が変動する方式を採っています。残高スライド式リボルビング払いという方式で、借入残高が増えるごとに毎月の返済額も増え、残高が減れば返済額も減るやり方です。

 

返済額が減れば支払いは楽になりますが、その分だけ元金への充当額もへるため、いつまで経っても返済が終わらないという結果になります。

 

アコムの借換専用ローンは、返済方式が元利均等返済ですので毎月の返済額が一定になり、返済計画も立てやすくなります。

 

即日融資も可能

借換専用ローンと同様のローン商品は銀行も提供していますが審査に時間がかかる傾向があります。他の業者でも申し込み当日の融資は困難というケースは多くありますが、アコムでは申し込み当日に借入が可能です。

 

申し込みする時間帯などにもよりますが、高い確率でその日のうちに融資がおります。審査を待たずに他社借入をまとめることができるのはメリットでしょう。

 

デメリット
銀行からの借入は対象にならない

アコムの借換専用ローン最大のデメリットは、銀行からの借入は対象とならないという点です。借換できるのは消費者金融業者などの貸金業者からの借入のみです。銀行のカードローンからの借金はまとめることができません。

 

総量規制は貸金業法で規定されているもので、銀行のローンは適用される法律が銀行法であるため、アコムとしては相手にしなくても良いことになっています。そのため、銀行からの借金の多い人には向かない可能性があります。

 

元金部分のみの借入

もうひとつ、見逃されがちですが、この借換専用ローンでは「元金部分」しか借入できません。他社に完済するには、元金だけでなく前回の支払い日から起算される利息分も併せて返済しなければなりません。

 

ところが、このローンでは元金部分にしか充当されないため、利息分は自分で支払わないと完済状態にはなりません。もし利息を自分で用意して完済するのであれば、アコムから現金で受け取って業者へ行き、自力で返済する必要があります。若干の手間がかかる点ではデメリットでしょう。

 

アコムのビジネスサポートローンは総量規制対象外

基本的なスペック

アコムは個人向け融資のカードローンが非常に有名ですが、この他にも個人事業主向けの「ビジネスサポートカード」というローンを提供しています。

 

もっぱらSOHOやスモールビジネスなどを個人で営んでいる人向けで、アルバイトやパートといった社員を1人でも雇っている場合には利用できません

 

逆に社員を雇わず1人で自宅をオフィスなどにして事業を行っている人であれば誰でもビジネスサポートが利用可能です。会社員で元からアコムのカードローンを利用していて、途中から個人事業主になったときにも審査に通過できれば通常のカードから切り替えできます。

 

利用限度額 1万円〜300万円
金利(年率) 12.0%〜18.0%
資金使途 自由
返済方式 定率リボルビング方式
遅延損害金 年率20.0%%
返済期間 最終借入日から最長89回(8年7ヶ月)
貸付対象者
  • 業歴1年以上の個人事業主
  • アコムの基準を満たす人
担保・保証人 不要

 

年齢による制限はなく、個人事業主で1年以上の業歴があることが条件です。融資額は300万円と大きくはありませんが、個人で借入する金額としては充分でしょう。

 

アコムのビジネスサポートカードで採用している定率リボルビング払いとは、最後に借入したときの残高に定められた割合を掛けた金額を最低額として返済する方式のことを指します。一定の割合は、利用限度額に応じて変わります。

 

利用限度額 割合
1万円〜30万円 4.2%
30万円超 3.0%

 

利用限度額を100万円に設定された利用者が20万円を借りたときの計算式
20万円×3%=6000円

 

総量規制の適用外

アコムのビジネスサポートのメリットは、総量規制の対象外という点です。個人の消費者としては総量規制に抵触した場合にはそれ以上の借入はできませんが、個人事業主としては総量規制以上に借りられるということです。

 

年収が300万円の個人事業主であれば、通常は100万円以上の借入はできませんが、このローンならそれ以上に借入できます。事業資金としてお金を借りるのであれば、借入できる金額の規制がないほうが良いので、総量規制以上に借りられることは大きなメリットとなります。

 

資金使途は自由

また、このローンがユニークなのは、資金使途が自由であるという点です。商品名に「ビジネスサポート」とあるので、事業性のある資金にしか使えないと勘違いしそうですが、実際には生活費に使っても趣味に使っても構わないということです。

 

個人事業主で自宅でSOHO事業者として働いているとき、生活費と事業経費との仕分けは難しいものがあります。電気代や水道代を按配して経費として計上しますが、その区分けは明確ではありません。こういった事情を考慮して思い切って資金使途を自由としたのがアコムのビジネスサポートです。

 

収入が不安定になりがちなフリーランスの個人事業主にとっては利用価値のあるローンでしょう。希望借入額が年収の3分の1以内なら通常のカードローンに申し込むことも可能です。どちらかにするかは、それぞれの特徴を見て検討しましょう。

 

通常のローンとの比較
項目 カードローン ビジネスサポート
融資限度額 800万円 300万円
金利 年率3.0%〜18.0% 年率12.0%〜18.0%
利用条件
  • 満20歳以上
  • 安定収入があること
  • 満20歳以上
  • 業歴1年以上
融資までの時間 最短即日 最短即日
申込方法 Web・電話・店頭・自動契約機・郵送 Web・電話・店頭・自動契約機・郵送
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

(希望額50万円以上)

  • 契約額100万円以内→本人確認書類、収入証明書
  • 契約額100万円超→上記および直近1期分の青色申告書
総量規制 対象 対象外

 

確定申告書が必要

個人事業主は一般のカードローンの審査にも通過しにくい面があります。収入が不安定とみなされて、ローン審査では困難な属性のひとつです。事業の規模が小さいために所得が安定せず、多くの個人事業主は節税のために生活費を事業経費として計上するため、所得を非常に少なく申告する傾向があります。

 

そのため、一般的なビジネスローンにも審査は通りにくいですし、通常の個人向けカードローンでも不利です。その点、アコムのビジネスサポートカードは「個人事業主専用」となっているため審査は柔軟であると考えられます。しかも総量規制以上に借りることが可能です。

 

アコムが申込者を個人事業主かどうかを判断しているのは、「確定申告書があること」とされています。確定申告書があれば、このローンの対象者です。個人で事業を営んでいる人はすべて確定申告書を毎年税務署に提出しています。

 

しかも、このローンでは1期分、つまり前年度のものがあれば審査してもらえます。通常のビジネスローンでは、直近2期分の決算書が必要ですが、アコムはそれに比較すると格段に条件が緩いと言っていいでしょう。業歴が1年以上あり、1回でも確定申告を行っていれば申し込みできます。

 

サラリーマンが借りるには?

アコムが個人事業主であるかどうかを見分けるのは、確定申告書があるかどうかという点です。サラリーマンであっても、副業をやっている人であれば給与所得者ではあっても確定申告をしている人は多いでしょう。

 

本来は確定申告が必要なのに行っていないという人もいます。アコムのビジネスサポートは、こういった人にこそ総量規制以上に借りられる融資として狙い目と言えます。

 

普段は会社や事業所に勤務して給料をもらっている人でも、給与以外の収入があるケースは多くあります。たとえば、オークションサイトを使って不用品を売却したら、それは収入です。

 

地方に住んでいる人は、自分で育てた野菜や米をネットや直売所に出荷しているケースもあるでしょう。会社以外のところで、知人から頼まれてバイトをしている人もいるでしょう。

 

こういった給与以外の収入が年間20万円以上あるとき、実は確定申告の義務があります。もし20万円を超えていなくても確定申告することには問題はありません。FXや株取引などで得た収入も年間20万円以上あれば確定申告する必要があります。

 

そして、この確定申告書を提出できるのであれば、アコムからすると個人事業主ですので総量規制以上に融資を受けられる可能性があります。

 

まとめ

アコムでも総量規制以上に融資を受けることが可能です。借換専用ローンやビジネスサポートローンです。借換専用ローンは審査が柔軟ですし、ビジネスサポートは確定申告書さえあれば申し込みが可能です。

総量規制対象外おすすめランキング