8300年前の埋葬人骨を発掘 先端科学が解き明かす縄文人

再現ビジュアル 第3回/縄文早期の岩陰遺跡

  • 文化

谷口 康浩(タニグチ ヤスヒロ)
國學院大學教授 専門分野:先史考古学/社会考古学 研究テーマ:縄文文化・縄文社会の研究、儀礼祭祀の考古学

 2016年9月、群馬県長野原町長野原にある居家以(いやい)岩陰遺跡から、縄文時代早期の埋葬人骨がほぼ完全な状態で出土しました。この発見から何がわかるのか。遺跡の調査研究に取り組んでいる國學院大學の谷口康浩教授(先史考古学)に聞きました。

 発見した人骨を放射性炭素年代測定にかけたところ、約8300 年前(縄文時代早期中頃)のものと判明しました。出土状況も重要です。人骨は膝を折り曲げ、身体を丸めて、土壙(人為的に掘った墓穴)の中に丁寧に埋葬されていました。遺体は放置されたのではなく「屈葬」という形式で埋葬されたことがわかります。その結果、この人骨は埋葬されたものとしては国内最古級のものだとわかったのです。そして死者を丁重に弔う精神文化がこの時期にまで古くさかのぼる事実がはっきりしました。

 現在、出土人骨の同位体分析やDNA 解析などの最先端の手法を用いた科学的分析が進められており、年齢や性別、健康状態、食生活、遺伝的なルーツが明らかになることが期待されています。

●出土した人骨 この場所は、約1万5000年前から人々が暮らしていたと考えられており、火を焚いた灰が堆積していました。そのおかげで土壌がアルカリ性に保たれ、埋葬人骨が非常によい保存状態で残っていました。 ●岩陰遺跡 遺跡には最古の土器文化である「草創期」の遺物層が残っており、縄文時代が始まる頃の生活史を探る新たな手がかりが得られると期待されています。 ●埋葬 埋葬場所は生活空間のすぐそばでした。雨の降り込まないところを選んで埋めたようです。現代人とは「死」の感じ方が違っていたのかもしれません。

谷口康浩先生に聞く。居家以岩陰遺跡からわかること

Q人骨が発見された縄文早期というのは、縄文時代のどのくらいの時期にあたるのですか?

Aええ。まず知っておいていただきたいのは、縄文時代の長さです。縄文時代は約1万5000年前から約2300年前まで続きました。1万2000年間以上にわたっていますから、当然、時期によって自然環境も生活文化も大きく変化しています。そのため現在の考古学では、土器の型式編年をもとに縄文時代を草創期(1万5000年前~1万1500年前)、早期(~7000年前)、前期(~5500年前)、中期(~4400年前)、後期(~3200年前)、晩期(~2300年前)の6期に区分しています。

Q居家以岩陰遺跡の地形の特徴と縄文早期の人々の暮らしについて、教えてください。

A居家以岩陰遺跡は山間部にあるのですが、川が近く、突き出した岩が雨や風を防ぐ屋根となったシェルターのような空間になっています。何度もくりかえし利用され、火をおこして煮炊きなどがされたため、灰が厚く堆積しており、この人骨が埋葬されるずっと前から人が住んでいたことがわかっています。よほど居心地が良かったのかもしれませんね。

 縄文早期の人々は樹皮やツルを編んだカゴや衣服をつくっていたこともわかっています。服装も、動物の毛皮だけでなく、植物繊維を編んだものを着ていたことでしょう。また、科学的な分析手法により、植物の種子、土器の内側に付着しているオコゲや種子圧痕の分析から、彼らが食べていたものも推定することも可能になっています。その結果、どうやら、縄文早期から前期には、クリ林を手入れしたり、マメ類を栽培するようになっていたことが明らかになりました。「縄文人」の解明は、いままさに始まったところといってもいいかもしれませんね。

Q他の場所で暮らす人々と交流することはなかったのですか?

Aいえ、そうではありません。例えば、人骨のそばからは、ツノガイを輪切りにしたものが見つかりました。これはビーズのように連ねた首飾りだったと考えられます。ツノガイは海の貝ですから、海岸部まで採取に出かけた人がいたのか、物々交換によって入手していた可能性があります。いずれにしても、遺跡の周囲だけでは入手できない石材や製品が出土しています。ですから遠隔地との交流や広域の移動があったと考えるのが自然でしょう。

Q今回の再現イラストにはイヌも描かれていますね。

A全国各地の縄文早期の遺跡でイヌの骨が見つかっており、この頃には人とイヌは一緒に暮らすようになっていました。いずれも中型犬で、日本犬の祖先にあたるものとしてルーツの究明が進められています。